インプラント

インプラントとは、歯を失った部位に人工の歯根を埋入し新しく歯をつくる治療です。

歯を失った患者さんは、以前であればブリッジや入れ歯といった治療法しかありませんでした。

インプラントは歯を失った患者さんの治療法のひとつとして、ブリッジや義歯とともに有効な治療法です。

インプラントは様々なメーカーがあり、日本では歯科医であればインプラント治療を行う事ができます。

欧米では、歯周病専門医や口腔外科医が行っていることが多い治療です。

当院院長は日本歯周病学会歯周病専門医です。

インプラントの相談は無料です。

インプラント治療

インプラント治療

色々な原因により歯を失った患者さんも、インプラント治療を行うことにより、義歯を使用せず噛み合わせを再び取り戻すことができます。

この患者さんは、早くから歯周病で歯を喪失してしまいました。

メインテナンス重視でブラッシングしやすい形態で補綴治療を行っております。

インプラント治療

1本歯を喪失した患者さんであれば、周囲の歯を削るなと行わず、歯を入れることができます。

ブリッジですと、周囲の健康な歯を大きく削らなければならないことが多いです。

インプラントの最大のメリットは、周囲の歯を削らずに歯を入れることができることです。

歯槽骨増大術

歯槽骨増大術

インプラントは骨の中に埋入します。

インプラント治療したい部位に、十分な骨の量がないと治療はできません。

そのような部位に、インプラントのための骨造成を行い治療できる場合があります。

GBRとも言われる手術です。

丸く囲った部位は、歯槽骨増大術を行った部位のCT画像です。

歯槽骨増大術により、インプラントを埋入することが可能となりました。